Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

東京を拠点とするLuupから2台以上のe-スクーターとe-バイク-TechCrunch

共同マイクロモビリティ会社 潤滑油 日本の小規模なモビリティ市場の高まる需要に対応するために、800万ドル(10億円)の債務と資産の資金調達を行った。 報告するは、2020年の3,940万ドルから、2030年には116億ドルに達すると予想されています。

CEOの大井大樹氏によると、Luupは収益を使って全国の都市にサービスを拡大し、海外旅行が増え始めている大小の観光都市をターゲットにしています。 Okaiは、Luupが拡大を希望する都市を特定しなかったが、同社は来月中に艦隊の規模を2倍にする予定であると語った。

2018年に設立されたLuupは、2021年4月に複合型eスクーターのフリートを発売し、2020年5月にe-バイクを共有しました。OkaiはTechCrunchに、2022年2月の時点で合計2,000台以上のe-スクーターとe-バイクを所有していると語りました。 5月中旬までに約5,000に達するはずです。

現在、同社は東京、大阪、京都、横浜にサービスを提供しており、国際的に関与している小規模なモビリティプレーヤーとは少し異なるビジネスモデルを使用しています。

Luup車両は係留しませんが、フリーホイールではありません。 日本のどこにでも車両を駐車することは違法であるため、他の小さなモビリティ企業と同様に、Luupは港湾システムに依存しています。 スタートアップ車両用の専用駐車スペース。 Luupアプリを使用すると、乗客は利用可能なポートをリアルタイムで確認して、利用可能なポートを予約できます。

同社は日本に合計1,100の港を持っているが、今後数ヶ月でいくつの港を計画しているのかは分からない。 これらのスペースを確保することは、日本の小規模なモビリティ企業にとってユニークなタイプの土地取得を表しています。

「社会的および規制上の制約により、日本ではプラットフォームレスモデルでe-スクーター共有を運用することは不可能です」とOkai氏は述べています。 「事業を始めるには、市内に一定数の港が必要です。利用できる土地は限られており、現在、できるだけ多くの土地を確保するために最善を尽くしています。」

日本は電動スクーターの規制を緩和しています。 現在、e-スクーターのライダーは運転免許証を保持する必要があり、最高速度は時速15kmに制限されています。 岡井氏によると、3月に道路交通法の改正案が日本の議会である国会に提出され、電動スクーターのユーザーが時速20キロの最高速度で免許なしで乗ることができるようになりました。

Luupは、次のようなグローバルおよびローカルの小規模モビリティ企業と競合しています。 乗馬モビーライム、EXx、バードライドジャパン、長谷川工業。

スタートアップの最新の資金調達は、同社がシリーズCの株式で1600万ドルを調達してから8か月後に行われます。

Luupの総資金が約3700万ドル(46億円)になる新資本は、日本政府が支援する金融機関である日本政策金融公庫、三菱HCキャピタル、三井住友ファイナンスリースが主導している。

READ  経済制裁のなかで、日露の水産業交渉が始まる