Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

東京ガスが3月末にパイロットメタン処理プログラムを開始

横浜市、7月7日(ロイター)-市内最大のガス供給業者である東京ガス株式会社(9531.T)は水曜日に、都市ガスの脱炭素化を支援する技術であるメタンのパイロット試験を開始すると発表した。日本では終わりまでに。 来年3月から。

メタンは水素と二酸化炭素(CO2)を天然ガスの主成分の代替である合成メタンに変換し、2050年に会社がカーボンニュートラルを達成するのを助けることができる原料として二酸化炭素を使用する方法であると彼女は言いました。

メタンは、発電所や家庭で熱や電気を発生させるための燃料として、また化学工業の原料として、さまざまな方法で使用できます。

東京ガスは、海外から購入した水素と二酸化炭素を利用して、東京近郊の横浜にある研究センターでパイロットプログラムを開始する予定です。

また、来年6月までに試験場に設置する予定の英国のITM Power PLC(ITM.L)水電解装置で発生する水素や、近隣の工場や顧客から排出・回収された二酸化炭素の利用も計画しています。将来は。

日立造船(7004.T)のメタン装置を使用する予定です。

東京ガスは、パイプライン、貯蔵タンク、ガス火力発電所、タンカーなどの既存の天然ガスインフラストラクチャを使用できる技術とサプライチェーンを開発したいと考えています。

東京ガスの最高経営責任者である木本健太郎氏は記者会見で、「社会的コストを削減するためには、既存のインフラを有効に活用することが重要であり、メタンはガスエネルギーを脱炭素化するための有望な選択肢である」と述べた。

(大林由香による報告)マーク・ポッターによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  世論調査:iPhoneをどのくらいの頻度でアップグレードしますか?