Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

東京2021:政府の事件がエスカレートする中、オリンピックのリーダーが安全を認めるために日本に到着| 日本

大会開始前にCovit-19の症例数を増やすのに苦労しているため、オリンピック運動の責任者が5月に日本を訪問し、ファイザーは国に追加のワクチンレベルを提供することに同意しました。

京都通信社によると、国際オリンピック委員会のトーマス・バッハ委員長は、5月17日に広島西部で行われるトーチリレー式典に出席し、翌日菅義偉首相と会談する。

京都は、夏季オリンピックを安全に開催するという日本のコミットメントを支持すると述べた。これは、流行のために昨年から延期された後、7月下旬に開始される予定である。

東京オリンピック組織委員会は声明のなかで、「バグダッド大統領の訪日の目的を知っており、そのような訪問を歓迎する」と述べた。 「しかし、明確なことは何も決まっていない。」

東京でのオリンピック開始まであと100日もかからなかった日本は、金曜日に、Kovit-19の第4波が広がるにつれ、半緊急事態の活動を10地域に拡大しました。

一流の政治家は、ゲームが再びキャンセルされる可能性があると述べました。

米国を公式訪問しているスーチー氏は金曜日の記者会見で、ジョー・バイデン大統領は大会の進展に尽力しており、バイデンは彼の支援を拡大すると述べた。

また、スカがファイザーワクチンの追加投与を受けるために米国への旅行の広がりを抑制しようとしていたことも明らかになりました。

「「[Pfizer] フジテレビでの生放送で、ワクチン瓶の河野太郎氏は、この件の本質に同意する」と述べ、出荷スケジュールなどの詳細について話し合う。

河野氏はファイザーに要求された追加投与回数を特定しなかったが、9月末までに日本は16歳以上のすべての人に予防接種を行うのに十分な物資を手に入れるだろうと述べた。

スカは、ワシントンへの3日間の旅行の最終日である土曜日に、ファイザーのCEOであるアルバートバロウとの電話中にリクエストを出しました。

金曜日以来、日本人のわずか0.9%が最初のワクチン接種を受けました。韓国の2.5%と英国の48%から増加しました。

国内ワクチンの開発はまだ初期段階にある日本は、輸入に頼らざるを得ず、ファイザー、アストラゼネカ、モダンナと協定を結んでいます。 これまでのところ、ファイザーワクチンのみが日本で承認されています。

日本政府は、今年末までに総人口をカバーするのに十分な3億1400万の線量を受けたと言います。 これには、ファイザーからの1億4400万回の投与が含まれます。

河野氏は、ワクチンの輸出ペースは5月上旬に始まると述べた。 ジャブを管理する医療スタッフの不足に関する懸念に対処するために、政府は最近、予防接種を支援するために退職した看護師または休暇中の看護師を任命する法律を改正しました。

日本は、発生以来、土曜日に合計525,218件に4,532件のコロナウイルス症例を追加し、そのうち9,584件が死亡した。

READ  日本の十代の若者たちの野生の夜の上ラグビー