Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

東工大セーリング部が全日本学生選手権大会出場権を獲得

東工大セーリングチームは15チーム中7位 狙撃[1] 8月8日~10日に開催された第89回関東学生セーリング大会。

これにより、11月2日から6日まで滋賀県琵琶湖で開催される第87回日本学生セーリング選手権大会への出場権を獲得しました。

参加者のコメント

東工大セーリングチームキャプテン

西岡 亮

理工学部化学科4年

1年生の時、漠然と日本学生セーリング選手権大会に出たいと思っていました。 翌年、その大会で先輩たちが4位入賞するのを見ました。 東工大に入学して3年目にチャレンジを受け入れ、レースに定期的に参加するようになりましたが、すぐにどれだけの努力が必要かを実感しました。 私たちは日本での競争にさえ近づいていません。 キャプテンになってからは、セーリング全日本選手権出場を目指して練習と勉強の両立が大変でしたが、頑張りました。 今まで以上にセンスを発揮したと思います。 多くの方々のご支援とご声援により、本大会出場という目標を達成することができました。 私を支えてくれたすべての人に感謝します。 期待に応えられるよう頑張ります。

スナイプクラス チームリーダー

少女牧田

経営工学科 4年

全日本学生セーリング選手権大会への出場という目標を達成できたことを大変嬉しく思います。 これは、チームメンバー全員が日々のトレーニングでたゆまぬ努力を重ねてきた結果です。 セーリングチーム卒業生の東工大をはじめ、セーリングチームの活動を支えてくださっている皆様に心より感謝申し上げます。 これからも全日本学生セーリング選手権大会に向けて一丸となって頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。 この大会で自分の力を発揮し、今後の研究活動に一層の努力を重ねたいと思います。

西岡さん(左)と牧田さんのご主人

スナイパークラスのリーダー

岩倉良賀

機械工学科 4年

関東地区大会で優勝し、日本の大学スポーツの真の頂点である全日本学生セーリング選手権大会に出場するチャンスを得られたことを大変嬉しく思います。 COVID-19の影響で、チームの活動が危うくなる時がありました。 しかし、これは私たちのたゆまぬ努力と、さまざまな方々のご支援の賜物です。 私たちは目標を決してあきらめませんでした。

私は幸運にも挑戦的でありながらも価値のある学生生活を送り、平日は勉強と研究に費やし、休日は過ごすことができました。 支えてくださった方々への感謝の気持ちは忘れません。 全日本学生セーリング選手権大会で表彰台を獲得できるように頑張ります。

岩倉さん(左)と道下善助さん(化学系4年)

岩倉さん(左)と道下善助さん(化学系4年)

機械系3年池田大輝さん(左)と機械系4年花崎龍也

機械系3年池田大輝さん(左)と機械系4年花崎龍也

1 狙撃

Snipe は、William F. Sailboat が創業以来設計した高さ 4.72m のヨットです。 シギは、長いくちばしを持つ鳥の種からその名前が付けられました。

/一般発売。 元の組織からのこの資料は、明確さ、スタイル、および長さのために編集された、ある時点の性質のものである可能性があります. 表明された意見および意見は、著者のものです。 全体を表示 こっちに.

READ  ソニーはゲーム開発者のHaloBungieを36億ドルで買収