Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

毎週のセール後の8月5日までの週の日本株の外国人ネット購入者数

8月12日(ロイター) – 8月5日までの週に、外国人が日本株の買い越しに転じた。これは、一連の明るい企業決算報告がセンチメントを押し上げたためだ。

証券取引所のデータによると、外国人投資家は先週、1,501.8 億円を投じた後、純資産が 3,368.6 億円 (25.3 億ドル) の日本株を購入した。

4,189.4 億円のデリバティブを取得し、820.8 億円の現物株を手放した。

今すぐ登録して、Reuters.com に無料で無制限にアクセスしてください

先週の日本企業の好調な業績には、自動車メーカーのキッコーマン (2801.T) とスバル (7270.T) があり、空調システムメーカーのダイキン工業 (6367.T) は業績予想を上方修正した。

世界経済の成長に対する継続的な警戒を反映して、流入と流出が交互に起こるため、ここ数週間、海外からの買いのパターンは不安定である。

日経 (.N225) は先週 1.35% 上昇し、TOPIX (.TOPX) は前週に下落した後、0.35% 上昇した。

財務省のデータによると、部外者が先週純資産 2 兆 8400 億円の日本国債を購入したことを示した。

日本の投資家は、7週間連続で純買いした後、9,002億円の外債を取得し、1.04兆円の外国株を投棄した。

(ドル=133.2400円)

今すぐ登録して、Reuters.com に無料で無制限にアクセスしてください

ベンガルールの Gaurav Dogra と Baturaga Mrugaupathi による追加報告。 ウィリアム・マラードによる編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  日本の拡大したウイルスの緊急事態は1兆につながります。 円の経済的損失