Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

熱帯性暴風雨メリが大雨と風で日本を襲う

熱帯性暴風雨メリが大雨と風で日本を襲う

東京 – 日本の気象当局によると、熱帯性暴風雨メリは土曜日に首都東京に向かって北上し、日本の本州本島に大雨を降らせた。

気象庁によると、メリは午後に東京の南西にある静岡県に上陸し、広範囲に突然の集中豪雨と強風をもたらし、土砂崩れや洪水の警報を発した。

地域の主要都市である静岡市では、土砂崩れの可能性があるため、72,000 人以上が避難を求められています。

時速 72 キロメートル (45 マイル) の持続的な風を巻き起こしたメリは、静岡県上空を通過し、時速約 20 キロメートル (12 マイル) で移動し、東に向きを変える前に北に進み、太平洋上を揺れ動くと予想されていました。早い日曜日。

早朝から断続的に降り続いた集中豪雨により、首都圏は影響を受けています。 東京都や神奈川県の沿岸部、東京都南西部などに高波警報が発令されました。

また当局は、水位が突然上昇する可能性があるため、川や他の水域に近づかないように警告しました。 彼らは、雨が東京と東京北部の​​地域で夕方に激化すると予想されていると述べた。 東京を中心に大雨、強風、大雨に注意が必要です。

日本のメディア報道は、川が危険なほど増水し、ほとんど橋の屋根に達し、家々に雨が降り、傘にしがみついて通りを這う人々のビデオを見せた.

日本はボンの夏休みの真っ只中で、行楽客が大勢旅行していますが、計画をキャンセルまたは変更しなければならなかった人もいます.

東京の東にある千葉県で 1 週間前に始まった Rock in Japan 2022 フェスティバルは、野外フェスティバルの最終日である土曜日のイベントをキャンセルし、チケットの払い戻しを約束しました。

全日本空輸は、嵐に対応して一部の国内線をキャンセルしました。 格安航空会社のスカイマーク航空も一部のフライトをキャンセルしました。 急行列車の運行に遅れが生じ、静岡のトンネルでは一時的に制限速度が引き下げられました。 東京と名古屋を結ぶ東名高速道路の一部が大雨で一時通行止めになった。

最近、北日本では大雨が続いており、土砂崩れの心配が高まっています。 雨は東京エリアで日曜日の早い時間に治まると予想されていましたが、その後東北日本を襲うでしょう.

世界第 3 位の経済大国であるこの国では、モンスーンや集中豪雨によるダムの損傷、屋根の吹き飛ばし、送電線のダウンなどにより、死傷者が出ることがよくあります。

———

影山ゆり Twitter https://twitter.com/yurikageyama

READ  関係深化の礎を築く日韓のビジネス・ロビー活動