Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

犬になった日本人男性は映画出演を夢見る

犬になった日本人男性は映画出演を夢見る

最近犬になった日本人男性がインタビューで自身の異常なライフスタイルについて語った ニューヨーク・ポスト紙と。

コリーになることを選んだのは、この特別な犬種を育てるのが好きだったからだと彼は説明した。

さらに、彼は次のように述べました。 「第二に、生まれながらに大きな品種でなければ、誰かが衣装として着たときに不自然に不釣り合いに見えないからです。」

「ヒューマン・コリー」として名声が広まり世界的に認知された後、彼は映画スターとしてのキャリアを追求することを熱望しました。

「自分のスキルを活かして映画に犬として出演できたらいいなと思っています。」 彼は言った。

トコさんは、動物として生きたいという願望はずっとあったが、その勇気がなかったと明かした。

「2年半ほど前、このようなリアルな犬の着ぐるみを作りたいと数社に相談しました。」 彼は言った。

被験者は衣装のデザインに6か月を要し、2022年に完成した。最近、彼は衣装を着て初めて公の場に姿を現した動画を共有した。

衣装の費用は1,200万ルピー(200万ルピー)以上と推定されている。

さらに、彼は愛を見つけて、犬の格好をすることに同じ興味を持つ女性に会いたいという願望を表明しました。

「そういうものがあったらいいなと思います。 彼らに会いたいです」 彼は言った。

彼は、四つん這いで歩くには肉体的な努力が必要であることを認めたが、それがもたらす達成感が価値あるものであると強調した。

インスタグラム

「身体的に硬かったり不快だったりするよりも、その経験から受ける興奮や喜びの方が強いです。」 彼は言った。

クーリーになるという選択について、トーコは以前次のように説明していた。

「自分の好みやファッションに乗せると本物っぽいのでコリーにしました。好きな動物は4本足の動物で、かわいい動物です。その中でも身近な大きな動物がいいのではないかと思いました」 、それがコリーであることを考えると。」 「リアルなモデルなので、犬にすることにしました。長毛の犬は人間の姿を誤解させる可能性があります。そのような条件を満たし、コリーを私のお気に入りの犬種にしました。」

さらにトレンドの記事については、フォローしてください ケーブル

READ  任天堂はエンターテインメント最新作として「ゼルダ」映画を開発中