Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

福岡から世界へ? 日本のDAOはスポーツファンダムを変えようとしている

福岡から世界へ? 日本のDAOはスポーツファンダムを変えようとしている

韓国からわずか 200 キロメートル余りの港湾都市、福岡は、その歴史を通じて日本列島への玄関口としての役割を果たしてきました。 何世紀にもわたって、新参者が福岡港を通ってこの国に入国し、知識、宗教、社会変化、新しいアイデアをもたらしてきました。 これらのアイデアは多くの場合、独立して、日本的なタッチを加えたハイブリッドとなって外の世界に戻ります。

福岡に到着した後に日本で治療を受けるための最新のアイデアの 1 つは、DAO (分散型自律組織) です。 地元のサッカークラブ、アビスパ福岡は、ファンベースを構築し、サポーターのエンゲージメントを高め、追加の収益源を提供するために、ブロックチェーンベースのガバナンスメカニズムを統合しました。

このチームは現在、日本サッカーのトップリーグであるJ1リーグで8位に位置しており、このクラブは内部管理のDAOを運営する世界で唯一のトップレベルのスポーツクラブとなっている。運営者らによると、このモデルはサッカー以外にも幅広い用途があるという。

アビスパ福岡のマーケティング部次長で同社公式広報担当の平田佳久氏は、「我々だけでなく、すべてのプロスポーツクラブがDAOモデルに適していると信じている」と語った。 アビスパ福岡 スポーツイノベーションDAO

「私たちはファンにクラブを経済的に支援する機会を提供するだけでなく、クラブの運営に参加し、提案し、さまざまなプロジェクトに参加してもらうことで、新たな価値を創造しています」と平田氏は語った。

デジタルファンダムは、仮想現実だけでなく、ファントークン、DAO、非代替トークン(NFT)などのブロックチェーンテクノロジーを利用して、サポーターをお気に入りのチームに近づけることを伴い、成長している世界市場です。 市場調査プラットフォーム ReportLinker は、次の分野を推定します。 290億米ドル 年間の予想複合成長率は 18.1% です。 これにより、その価値は 2030 年までに 1,032 億米ドルに増加します。

しかし、伝統的なやり方に慣れている日本のファンは、こうしたテクノロジーを購入するのは難しいかもしれない、とスポーツライターで日本のサッカー専門家のダン・オーロウィッツ氏は言う。

「これらは収益を生み出す簡単な方法であり、もちろん、これらのクラブのほとんどが求めているものです」とオルロヴィッツ氏は電子メールで述べた。 「インターネットを使った体験ができるかもしれません」 オタク [computer geeks] 車内ではだが、18歳未満の電車を眺めながら朝を過ごすおばちゃんたちはどうなのだろうか?

オルロヴィッツ氏は、クラブはこうした新たな体験に積極的に参加できないファンの「アンダークラス」を生み出すことには消極的だろうと付け加えた。

「私は現地での利用の可能性には懐疑的です。現在、日本のファンは現地での存在感と草の根コミュニティとの関わりを何よりも重視しており、DAO/デジタルファンダムがすぐにそれを置き換えるとは思えません」と彼は語った。 。

アビスパDAOの仕組み

アビスパは、2021年のコロナウイルスのパンデミックのさなか、スタジアムへのファンの入場禁止によりチケットの売り上げが減少した際にファントークンを作成した。 アビスパや同じくJ1チームの湘南ベルマーレを含む多くの日本のスポーツクラブが、東京を拠点とするデジタルクラウドソーシングプラットフォームFiNANCiEと提携し、新たな収入源としてファントークンを生産している。

FiNANCiEスポーツ部門ディレクターの安井達也氏は、2月のアビスパDAOの共同立ち上げはファントークンプロジェクトを「次のレベル」に引き上げる方法であると述べた。

同氏は、「スポーツクラブは限られた従業員と資金で運営されているため、新しいプロジェクトを立ち上げたり、イノベーションを起こしたりするには外部からの支援が必要な場合が多い」と述べた。 「DAO の仕組みは、こうした活動を可能にするファンやその他のサポーターと関わっています。」

アビスパ DAO の場合のメカニズムの背後にある考え方は次のように機能します。クラブがトークンを発行し、ファンがそれを購入することでその価値が高まります。 その後、DAO メンバーは蓄積されたトークンを使用して投票やその他の形式の意思決定に参加します。

クラブ活動への参加が増える可能性があり、地域コミュニティとの関連性が高いほど、トークン所有者の多様なグループが集まります。 アビスパファンだけでなく、地元住民や地方自治体関係者、スポーツや仮想通貨、福岡に興味のある人ならどこに住んでいても構いません。

これによりトークンの価値が再び高まり、クラブに追加の資金と熱心なサポーターがクラブに提供されます。 DAO は保有者に利益をもたらす形でトークンを買い戻します。保有者はこれらの賞金をより多くのトークンに再投資して、より多くの特権、より多くのアクセス、より多くの意思決定への関与を獲得します。そしてこのサイクルは続きます。

現役選手10名がアンバサダーを務め、DAOの活動の幅を広げ、ファンへの魅力を高めています。 右サイドバック兼DAOアンバサダーの湯沢夢人選手 教えて 地方紙・日本スポーツは7月、DAOに参加する選手たちの「チームへの帰属意識が強まった」と報じた。 湯沢さんは他の活動の中でも、福岡でのDAOの取り組みを啓発するチラシキャンペーンに参加した。

この考えによれば、DAO が成長するにつれて、クラブとコミュニティの活動が拡大し、そのメンバーは多様化し、コミュニティ セグメントはますます Web3 にさらされるようになります。 これにより、他の人が社会を意識した独自の DAO を作成して、全国的な Web3 業界でさらなる成長を達成するようになります。

転換点

これは、分散型ブロックチェーン技術、メタバース、および代替不可能なトークン (NFT) に基づいて構築されたインターネットの新しい段階である Web3 に向けた日本政府の最近の推進と一致する成長モデルです。

地方分権型自治組織は、衰退する日本経済と地方人口の移動を活性化するための「転換点」となる可能性がある、政府の付属機関である。 Web3 ホワイトペーパー 彼は12月にこう語った。 しかし、それはまた、DAO を運営することの難しさ、特に新しいテクノロジーがどこで使用できるかを正確に判断することの難しさを浮き彫りにした。この問題がアビスパ DAO の運営に影響を与えたと平田氏は認めている。

「私たちは福岡でイノベーションモデルを構築し、それを世界に紹介できないかと考えることから始めました」と平田氏は語る。 9月7日に発表された2つの新しいWeb3スポンサー契約や、過去6か月間のアビスパトークンの価格の75%上昇などの成功にもかかわらず、DAOがさらなる利益を達成するために何をする必要があるかは現在不明であると同氏は付け加えた。

「そもそもDAOって何?コードって何?」 彼は言った。

質問は意図的に単純化されています。 しかし、これは、世界中のどこでも、特に Web3 テクノロジーに対する政府の熱意がまだ普及に至っていない日本において、DAO の実行を検討している人々が直面する課題を物語っています。 1つ 投票する 日本のマーケティング代理店電通が3月に実施した調査では、「Web3」が何を意味するのかを定義できる人は人口の約30%しかいないことが判明した。 そのグループのうち、自分の定義に自信を持っていたのはわずか 10% でした。

「Web3 が日本社会でまだほとんど知られていない中で、物事を前進させるのは非常に困難です」と平田氏は言う。

「アビスパDAOでやりたいことはたくさんあります。しかし、今年はまだ1年目なので、認知度を高めて運営基盤を作ることに集中する必要があります。

ブロックチェーンのエバンジェリストであり、東京に本拠を置くブロックチェーン協同組合連合会のメンバーでもある奥達夫氏にとって、日本でのDAO採用の青写真がないことが、このアイデアの定着を妨げているという。 同氏は、国内外のいくつかのDAOモデルを指摘し、それぞれが創設者の見解に応じてDAOとは何かという異なる定義に基づいていると指摘した。

日本の Web3 分野に必要なのは、「DAO を現実にするための中心的な推進者であり貢献者」であると彼は言いました。 それがなければ、日本の新興の分散型自律組織は崩壊する危険がある、と同氏は述べた。

リーダーシップを発揮する機会

問題は、アビスパ スポーツ イノベーション DAO が、他の DAO の模範としてだけでなく、デジタル スポーツ ファンのための新しいモデルとして、このリーダーシップの役割を担うことができるかということです。

2月のアビスパDAO発足以来、J2サッカークラブ ザスパクサツ群馬 そしてその バルーンズ・サーガ バスケットボール部は、DAO モデルを自らに採用しました。 FiNANCiEは9月5日、スポーツDAOのアビスパとザスパクサツが現在… サミット アプリ内でのコミュニティ構築スキーム。

J1リーグは国内最大手の企業が所有するクラブによって支配されている。 たとえば、世界的な自動車大手の日産自動車は、現在の王者である横浜F・マリノスの株式の80%を所有しています。 同クラブの年間収益は4,600万米ドルで、プレミアリーグとチャンピオンズリーグの現チャンピオンであるマンチェスター・シティが収益創出の面でサッカー界をリードしている7億8,000万米ドルのほんの一部に過ぎない。

しかしそれでも、自称「市民クラブ」であるアビスパ福岡が生み出した2,200万米ドルを上回る大幅な増加である。 大企業オーナーの支援がなければ、クラブの収益はJ1リーグで2番目に低く、J2の横浜FCよりも低い。 リーグ優勝や国内カップ戦で一度も優勝していないヨーヨーチームの中で最も長い歴史を持つチームでもある。

「例えば横浜F・マリノスに資金を投じずにJ1チャンピオンシップに勝つのは困難な段階に達している」と日本のサッカー専門家のオーロウィッツ氏は言う。 「アビスパのようなクラブにとって重要なのは、大規模なものではなく賢明な支出であり、(理想的には)売り出しクラブになれるまでアカデミーを発展させることだ。」

アビスパは地元の人材育成に関してはすでに成功を収めている。 ユースシステム出身で福岡出身で、昨年のカタールワールドカップではサムライブルーのディフェンダーとして活躍した冨安健洋は、トップチームでプレーした後、現プレミアリーグのアーセナルなどヨーロッパで成功したキャリアをスタートさせた。

アビスパDAOの約束の一つは、トークン保有者にアカデミーへのアクセスを提供し、金銭面でもサッカー面でも、次の冨安選手の育成に役立つ意思決定を行えるようにすることだ。 これはクラブが多額の支出をするのではなく、賢く支出する方法であり、来シーズンからその必要性が高まる。

J1リーグ会長の野々村良和氏は、日本のクラブに国際的なファンベースが存在しないことがJ1の成長を制限する要因であると指摘した。 リーグがヨーロッパで追いつくために必要な国内外のファンベースを生み出すのに十分な規模のチームを構築するために、2024年の上位9チームが追加枠を共有することが1月に発表された。 21億円 (1,421万米ドル)に放送収入とその他の資金がリーグ全体に分配されます。

今シーズン残り8試合で10位FC東京と勝ち点5差の8位に位置するアビスパ福岡は、このエリート層に留まるためにはあらゆる助けが必要となる。 DAO運営者らは、すぐにガバナンスモデルが私有権に取って代わるとは考えていないと言っているが、オーロウィッツ氏は、少なくともWeb3の知識が高い海外の小規模な日本のクラブの知名度を高めるのに役立つ可能性があると述べた。

同氏は、デジタルでのサポートを本物のファンに変えることが課題だと語った。 それまでは、分散型の自治組織やその他の形式のデジタルファンダムを通じて、ファンがクラブの経営にさらに関与するという約束は「夢物語」にとどまると同氏は述べた。

この夢が実現すれば、アビスパDAOや他の同様の企業は、スポーツファンが自分のお気に入りのチームにクラブと「同等の」付加価値を与える方法を提供できるかもしれない、とFiNANCiEの安井氏は語った。 しかしオルヴィッツ氏は依然として納得していない。

「理屈ではすべていいことのように聞こえるが、ただの顧客ではなくファンがクラブだったあの日を誰もが懐かしんでいると思うが、ベルを鳴らすのは本当に難しい」と彼は語った。

Forkast の「スポーツにおける暗号通貨」のパート 1: レアル・ベッドフォード – ビットコイン、フットボール、弱気市場

READ  PDC ワールドチャンピオンシップ 2024: ルーク・リトラーがレイモンド・ファン・バルネフェルトを破り準々決勝に進出