Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

米国のインフレが7年ぶりに日本国債クーポンの上昇を誘発





2010年に撮影されたこのファイル写真は、日本国債のサンプルを示しています。 (ミニチ)

東京(京都)-日本政府は火曜日に、新しい10年国債のクーポンレートを0.1%から0.2%に引き上げました。これは、米国の急速なインフレ後の高利回りに対応するため、7年ぶりの引き上げです。

日本銀行の金融政策に基づく金利は現在ゼロに近いため、クーポン金利の引き上げは家計や企業の借入コストに圧力をかけるでしょう。

クーポンレートは、市場の債券価格に反比例する利回りに基づいて、省が決定した、債券保有者が特定の年に受け取ることができる金利です。

価格の上昇を抑えるために金利を引き上げるという米連邦準備制度理事会の決定を受けて、米国財務省の歳入の増加と相まって、新しい10年国債の利回りは最近約0.2%に上昇しました。

三菱東京UFJ銀行やその他の日本のメガバンクは、今年の利回りの上昇に対応して、今年はすでに基本の10年固定住宅ローン金利を引き上げています。

長期国債をクーポン利上げで前払いすれば、デットレシオはさらに上昇する可能性がある。

同省は、2032年3月20日水曜日に発行された新しい国債が、すでに市場で取引されている国債よりも魅力的でないことを防ぐために、クーポンレートを引き上げました。

1990年に日本が不動産強化バブル経済を享受していた間、新しい10年国債のクーポン率は7%に達しました。

しかし、2013年に日銀が積極的な金融緩和政策を開始して以来、金利は着実に低下しています。 2015年3月の0.3%から0.4%に引き上げられましたが、2016年3月以降は0.1%にとどまっています。

READ  日本では毎日500件以上のGovt-19症例が報告されており、2か月ぶりに報告されています