Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

素晴らしいライン:日本におけるボールペンの進化

東京-今日のデジタル社会においてさえ、ボールペンは私たちの日常生活において、仕事でも日記でも、私たちの最も深い個人的な考えを書くための不可欠なツールです。

日本では、文房具店には通常、ボールペンの品揃えが豊富です。 たとえば、ノズルのサイズは通常、0.5mmから0.7mm、最大0.38mmの範囲です。 たくさんの選択肢があるバイヤーの意欲をかき立てると同時に、日本の独特の筆記具文化についても教えてくれます。

ボールペンは、1943年以前にさかのぼる驚くほど新しい発明です。 ハンガリーの発明者LaszloPiroによって開発された油性インクの最初のモデルが使用されました。 その後、ボールペンが日本にやって来て、メーカーは新製品のリリースを競いました。 茨城県の大戸という会社のユキは、1964年に水性インクペンを販売しました。 1984年、大阪のサクラクレパスは、水性インクで均一に書くことができるジェルインクペンを発表しました。 ペンですが、そのインクは、乾燥すると、油性インクの耐水性を提供します。

初期のペン先のサイズは0.8mmから1.2mmの範囲でした。 日本の筆記用具製造業者協会のスポークスマンは、「海外では、勇気が最も優れている。「欧米の人々は手書きをより多く使用し、ローマ字で書くため、太字を好む」と述べた。

対照的に、日本語は漢字と呼ばれるため漢字で書かれることがよくあります。 ストロークが多いので、太い線でわかりにくい文章になります。 1959年に東京を拠点とするゼブラを油性インクと0.7mmペンで発表しました。 次に、先端サイズの範囲を拡大して、1.0mmと0.5mmのペンを含めました。

通常のスクリプラーは、数字はペンが置かれる線の幅を表すと考えていますが、実際には、ボールペンに名前を付ける先端の小さな円柱の直径を指します。 ペンを形成する線の幅は、実際にはボールの直径の半分です。

ただし、すべてのペンが同じように作成されているわけではありません。「たとえば、0.5mmペンと同じ先端サイズなど、異なる製品を使用すると、インクの品質とインクの流れの量が異なるため、線の太さが異なります」と述べています。ライティングツールメーカー協会のスポークスマンに。

どちらも0.5mmチップのジェルインクボールペンとして販売されていますが、三菱鉛筆ユニボールシグノのラインは幅0.3mm、パイロットのHi-Tech-Cは0.25mmとやや​​細くなっています。 線幅は、インクが油性か水性かによっても異なります。

ベストセラーのボールペンのノートは0.5mmと0.7mmですが、ここ数年、ペンメーカーはシリンダーがどんどん小さくなっている製品を発表しています。 パイロットが先端0.3mmのHi-Tech-Cモデルを発表した後、競合他社もそれに続いた。

油性インク系ペン用のこのような小さなシリンダーは、粘度が高いため作成が困難ですが、三菱鉛筆は、Jetstreamペンの0.38mmバージョンの開発に成功し、2013年に発売されました。

「カーボンコピーは今でも広く使用されていますが、先端が太いペンが好まれることがよくありますが、目的は [pens’] 職場でのアプリケーションが変更されました。 「三菱鉛筆のスポークスマンによると、人々は現在、それらを使用して、印刷物の行の間の短いスペースにメモを作成したり、小さなノートにメモを作成したりしています。

ジェットストリームの先端サイズ0.38mmは一貫していないように見えるかもしれませんが、これはオイルインクペンと線の太さの最適なバランスで快適な感触を作り出すための同社の努力の結果です。

昨年、三菱はペンシルジェットストリームの0.28mmバージョンを発表しました。 ボールペンの先端を作る技術は、メーカーが小さいながらも摩耗や裂けに抵抗するファッションの先端であり、小さな先端のオイルインク製品を押すところまで進歩しました。 ちなみに、若い日本人はシャープペンシルより0.3mmの先端を好みます。

デジタル化の進展と少子化にもかかわらず、日本ではペンと鉛筆の販売は安定しています。 日本の経済貿易産業省によると、2020年のボールペンの売上高は、事務用品用のボールペンの売上高は減少したものの、10年前の24億円から約635億円(5億5900万ドル)に増加した。 世界的な金融危機とCOVID-19の流行の影響を受けた期間。

しかし、Zebraの広報担当者である池田Tomoo氏は、次のように述べています。 [as an expression of] 独自性。」

日本のボールペンは、その品質で世界的に高い評価を得ています。 日本は2020年までに水性インクを使用した約7億5000万本のボールペンを輸出しました。 パイロットはボールペンのほぼ90%を海外で販売しています。

「国はデジタル化されているが、人々は何か特別なものを探しているので、物事のアナログ的な側面を楽しんでいる」とゼブラの池田氏は語った。

READ  オーストラリアは水素を日本に輸出する可能性を模索している