Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

経済は第2四半期に改善すると予想されています-バーレーン大学

UOBグループのチーフエコノミストであるAlvinLiuは、日本経済の最新のGDPの数値についてコメントしています。

メインソケット

「予想を上回ったにもかかわらず、日本の第1四半期のGDPは、個人消費の停止、外需の大幅な減少、公共の継続的な減少により、依然として1.0%q / q、季節調整済みの年率で縮小しました。投資。」

事業支出は引き続き増加しましたが、予想を下回りました。一方、もう1つのプラスの要因は政府消費でした。 民間在庫の0.2ppmの増加を考慮した後、全体的な民間需要は前四半期比で0.3%増加しました。 比較すると、公共需要は第1四半期の減少を前四半期比で-0.2%拡大しました。

「日本経済は、内需に影響を与える強いインフレの影響を受ける可能性はあるものの、第2四半期には回復すると予想しています。また、日本は、内需の回復に影響を与えるもう1つの要因となる観光業との国境の再開も遅れています。同時に、サプライチェーンの混乱/物流の遅れ、進行中のロシアとウクライナの紛争による商品価格の高騰、COVID-19のシャットダウンによる中国の減速により、製造部門の回復は停滞し続けています。 -日本の輸出価格をより魅力的にするが、より高い商品価格と相まって悪化する輸入法案を増加させるので、日本のためのエッジのある剣。」

「日本は成長軌道を再開すると予想していますが、第2四半期には2.2%q / qのペースで低下します(前回の予測3.9%から。現在、2022年通年の日本のGDP成長率は1.4%(以前の予測である1.7%)、2021年の1.7%から減速しました。」

READ  未使用のCOVID映像は、普及が遅い中、日本で山積みになっています