Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

西日本動物園からジャイアントパンダ3頭が中国に到着

西日本動物園からジャイアントパンダ3頭が中国に到着





2023年2月22日、西日本、和歌山県白浜のアドベンチャーワールドで、ジャイアントパンダのオウヒン、トウヒン、エイメイを乗せたケージが中国への出発の準備のためにトラックに固定されている. (京都)

和歌山、日本 (京都府) — 30 歳のジャイアント パンダと彼の 8 歳の日本生まれの雌の双子が、西日本の動物園での共同繁殖プログラムの下で何年にもわたって水曜日の夜遅くに中国に到着しました。 二つの国。

エイメイと双子のオウヒンとトウヒンは、和歌山県のアドベンチャーワールド動物園と遊園地から連れて行かれた後、大阪府の関西空港からチャーター機で飛んだ.

彼らの次の家は、中国南西部の四川省にある成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地になります。

人生で約90歳と考えられていた英明は、1994年に1歳で日本に貸与された. それ以来、彼女は和歌山動物園で 16 頭の子パンダを出産し、飼育下で子孫を残す世界最古のジャイアント パンダとして認められています。 自然再生。

北京は、エイミーとその子孫の所有権を維持しています。 生殖年齢の双子は、中国で配偶者を探し始めます。

彼らの中国への移送は、前日に東京の上野動物園から最も有名な日本のメスのジャイアントパンダ、シャンシャンの移送に続くものです。

3頭のパンダは、和歌山県の公園から、「ありがとう、エイミー」「おひんととひん、気をつけて」と書かれた中国語の看板とともに送られてきました。

永明さんが出産した16匹のうち、11匹が中国に送られました。 彼には20人以上の子孫がいます。

エイミーと双子が去ったので、公園には現在 4 頭のパンダがいます。

日本の四川省の首都である成都では、日本のイトーヨーカトが所有するスーパーマーケットが水曜日にパンダの形をした寿司とまんじゅうの販売を開始し、中国郵政グループが運営する地元の店では「ようこそ」シャンシャンを描いたポストカードが人気を博した. 店内には垂れ幕が掲げられています。

成都のイトーヨーカトの役員である山本義孝さん(51)は、同社はパンダを通じて日中交流を深める手助けをしたいと考えていると語った。

パンダの絵はがきを販売する店の店員(25)は「日本人にたくさん来てほしい。日本語を勉強してパンダの説明ができるようにしたい」と話した。

READ  COVIDは、日本の最初の航空会社のためにエルドとソラセットエアをトリガーします