Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

調査によると、日本の世帯の60%が「困難な」生活環境に直面している

調査によると、日本の世帯の60%が「困難な」生活環境に直面している

社会福祉省の調査によると、日本の家庭の生活環境が厳しいと考える割合は、2023年には前年比8.3ポイント増の59.6%となった。

同省は価格高騰の影響とみている。

走査、 生活環境に関する最新の全国世論調査調査は昨年6~7月、世帯構成別4万526世帯、所得別4768世帯を対象に実施。

毎年実施している調査によると、生活環境が厳しいと回答した人は全体の26.5%が「非常に苦しい」、33.1%が「やや苦しい」と回答している。 家族形態別にみると、高齢者家族の59%、子どものいる家族の65%が「生活が厳しい」と回答した。

また、1世帯あたりの平均年収は524万2,000円で、前年に比べ21万5,000円(3.9%)減少した。

高齢者世帯の平均所得は304万9,000円で、13万4,000円減少しました。

一方、子育て世帯は27.6万円増の812.6万円となった。 働く母親の割合が増加しているため、平均収入が上昇しているようです。

調査対象となった子どものいる家庭のうち、働く母親が母親全体の77.8%を占め、過去最高となった。 働く母親に占める正社員の割合も32.4%で、こちらも過去最高を記録した。

READ  日本の工場活動は2018年以来最も上昇し、経済ニュースと最も重要なニュース