Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

財務省の神田氏が円安を警告

財務省の神田氏が円安を警告

読売新聞資料写真
東京にある財務省本庁舎。

東京(時事通信社)-日本の神田正人国際財務副大臣は月曜日、ドルが対円で4カ月ぶりの高値を付けたことを受けて、最近の円安について警告した。

神田氏は記者団に対し、最近のドル円価格の動きは「(経済の)ファンダメンタルズと一致していない」と語った。 「この展開の背後には明らかに憶測がある。」

同氏は「過度のボラティリティーに直面した場合、いかなる手段も排除することなく適切な措置を講じる」と述べ、政府は為替市場への介入を含む措置を「いつでも講じる用意がある」と付け加えた。

苅田氏は「ドル・円為替レートの大幅な変動を目の当たりにしており、わずか2週間で4%も上昇した。われわれもそれに不快感を感じている」と述べ、「過度の投機による変動は国民経済に多大な悪影響を及ぼし、したがって、 「許容できる」ではありません。

神田氏は金曜日、ドルが4カ月ぶりの高値となる151.86円を記録し、日本が公表せずに円を買ってドルを売るいわゆる秘密介入を実施した2022年10月に設定した主要水準の151.94円に近づいたことを受けてコメントした。動きをすぐに報告してください。 。

最近の円安は、日銀が先週マイナス金利政策を解除した後、すぐには追加利上げの可能性は低いとの市場関係者の見方を反映している。

月曜日の東京市場午前11時時点では1ドル=151円23~24銭と、金曜日午後5時時点の151円41~42円から下落した。

READ  元日産の幹部がカルロスゴーン事件で執行猶予付き