Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

1992年までに中国は日露地域で中立国になる可能性がある

1992年までに中国は日露地域で中立国になる可能性がある

12月に機密解除された日本の外交記録によると、中国は1992年に親東京の立場を放棄し、モスクワが管理する北海道の4つの島を巡る日本とロシアの領土紛争で中立の立場をとった。

渡辺美智雄外相(当時)が「北方領土」問題で日本を支持する中国の立場を確認するよう求めたのに対し、中国共産党の江沢民総書記は「二国間問題の解決は困難だ」と述べた。 省の記録が示している。

1月 1992年4日の資料写真には、当時の日本の外相渡辺美智雄氏(共和党)と中国共産党指導者江沢民氏が北京で会談する前に握手をしている様子が写っている。 (京都)

1992年1月、渡辺氏と中国高官らとの会談は主に天皇の中国訪問の調整を目的として行われた。

渡辺氏は、当時のロシア大統領ボリス・エリツィンが領土問題の存在を認めるようにロシアの立場を変えたと述べ、中国の最高指導者鄧小平が以前、四島を「日本の領土」と考えると発言していたと自身の記憶に言及した。 記録。

渡辺氏が中国の立場が変わらないよう努めようとした後、江氏との会談に同行した中国の銭其晟外相は、鄧小平の発言の背景にあるロシアの「権力動向」に中国を含む多くの国が反対したと述べた。 、記録が示されました。

しかし、江氏は鄧小平氏の指摘を確認することは避け、中国は「決して否定的な役割を果たすことはない」と述べ、中国政府はこの紛争で日本を有利にするつもりはないと付け加えた。

それまで日本は、ロシアでは南クリル諸島として知られるこの島の問題に対する中国の立場は変わらないと信じており、1964年に中国の指導者毛沢東は係争中の4島は日本の所有であるとの意見を表明した。

同月下旬、東京で行われたブッシュ大統領と当時の日本の宮沢喜一首相との首脳会談に出席した際、渡辺氏は当時の米国大統領ジョージ・H・W・ブッシュに対し、日ロの領土問題に対する中国の見方が変わったと語った。

[1945年8月15日の第二次世界大戦での日本の降伏後、日本は択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島はソ連によって不法占領されたと主張している。ロシアはこの動きは合法だと主張している。

長年にわたる領土問題により、日本とロシア間の平和条約交渉の進展が妨げられている。

2022年2月のウクライナ侵攻を受けて日本政府がモスクワに経済制裁を課して以来、和平協定に関する二国間交渉は中断されている。

事情に詳しい中国関係者によると、中国の習近平国家主席は2023年4月のロシアのプーチン大統領との会談で、中国は領土問題で「どちらの側にもつくつもりはない」と語った。


関連報道:

米国、礼拝妨害のため日本の戦犯の遺灰を海上に散布

1992年の天皇訪問前、日本は中国に対し尖閣の領有権主張を取り下げるよう求めた。

ブッシュ大統領は1992年の日米首脳会談で大統領に協力を要請した。 レースは近い


READ  日韓嵐雲月のオリンピック訪問決定