Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

8月のイラン訪問に対する日本の外相の目:出典

外交筋によると、日本の外務大臣のモデキトシミツ氏は、保守的なハートライナー率いる新政府との関係を築くために、8月中旬にイランを訪問する予定です。

茂木氏は、テヘランの核開発計画に関連する問題についてイランの反対派と会い、イランとの伝統的な友好関係を強化し、大統領エレクトのイブラヒーム・ライシ政権と話し合うことが期待されている。

日本の外務大臣、モデキトシミツは、2021年7月6日に東京で行われた記者会見で講演します。 (京都)==京都

ライシは先月の選挙での勝利に続き、8月初旬に就任する予定です。 保守的なハートライナーが8年ぶりに大統領に就任し、イランと米国の間の緊張の高まりに対する懸念が高まっている。

情報筋によると、イランの現在の外相であるモハンマド・ジャバド・ザリフは、退任する穏健派のハッサン・ロウハニ政権の下で保守的な強硬派に取って代わられるだろう。

情報筋によると、茂木氏のイランへの旅行は、中東への10日間の旅行の一部であると予想されており、中東の緊張を安定させるために、彼をエジプトとトルコに連れて行く予定です。

安倍晋三首相と河野太郎外相が2019年6月に訪問して以来、これは日本の高官によるイランへの最初の訪問である。

モデキ氏はまた、日本がナブダリ・ベネット新首相の下でイスラエル政府との関係を発展させ、5月のイスラエルの爆撃後のガザの再建を支援しようとしているため、イスラエルとパレスチナへの訪問を検討している。

トルコでは、モデキは彼の代表者と会い、中東における抗コロナウイルスの反応と安定性について話し合う予定です。 彼はまた、ヨルダン、イラク、カタールへの旅行も期待されています。

READ  大坂なおみは、粘土の別の後退にもかかわらず楽観的です