Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

F1結果:ランド・ノリスとオスカー・ピアストリを抑え、マックス・フェルスタッペンが日本GPで楽々優勝。 全結果と最新の順位表

F1結果:ランド・ノリスとオスカー・ピアストリを抑え、マックス・フェルスタッペンが日本GPで楽々優勝。 全結果と最新の順位表

日本グランプリ結果

  1. マックス・フェルスタッペン (1)、レッドブル・ホンダ RB PT

  2. ランド・ノリス (4)、マクラーレン・メルセデス

  3. オスカー・ピアストリ (81)、マクラーレン・メルセデス

  4. シャルル・ルクレール(16歳)、フェラーリ

  5. ルイス・ハミルトン(44)、メルセデス

  6. カルロス・サインツ(55)、フェラーリ

  7. ジョージ・ラッセル(63)、メルセデス

  8. フェルナンド・アロンソ (14)、アストンマーティン・メルセデス

  9. エステバン・オコン(31)、アルペン・リノ

  10. ピエール・ガスリー (10 年)、アルピーヌ・ルノー

  11. リアム・ローソン(40)、アルファタウリ・ホンダRBBT

  12. 角田裕毅(22)、アルファタウリ・ホンダRBBT

  13. 朱冠宇(24歳)、アルファロメオ・フェラーリ

  14. ニコ・ヒュルケンベルグ(27)、ハース・フェラーリ

  15. ケビン・マグヌッセン(20)、ハース・フェラーリ

未分類:
アレクサンダー・アルボン(23歳)、ウィリアムズ・メルセデス
ローガン・サージェント (2)、ウィリアムズ・メルセデス
ランス・ストロール (18)、アストンマーティン・メルセデス
セルジオ・ペレス (11)、レッドブル・ホンダ RBPT
バルテリ・ボッタス(77)、アルファロメオ・フェラーリ

F1世界ドライバーズチャンピオンシップの順位を更新しました

1. マックス・フェルスタッペン (1)、レッドブル・ホンダ RB PT – 400
2. セルジオ・ペレス (11)、レッドブル・ホンダ RBBT – 223
3. ルイス・ハミルトン(44)、メルセデス – 190
4. フェルナンド・アロンソ (14)、アストンマーティン・メルセデス – 174
5. カルロス・サインツ (55)、フェラーリ – 150
6. シャルル・ルクレール (16)、フェラーリ – 135
7。 ランド・ノリス (4)、マクラーレン・メルセデス – 115
8. ジョージ・ラッセル(63)、メルセデス – 115
9. オスカー・ピアストリ (81)、マクラーレン・メルセデス – 57
10. ランス・ストロール (18)、アストンマーティン・メルセデス – 47
11. ピエール・ガスリー (10)、アルピーヌ・ルノー – 46
12. エステバン・オコン (31)、アルピーヌ・ルノー – 38
13. アレクサンダー・アルボン(23)、ウィリアムズ・メルセデス – 21
14. ニコ・ヒュルケンベルグ (27)、ハース・フェラーリ – 9
15. バルテリ・ボッタス (77)、アルファロメオ・フェラーリ – 6
16. 周冠宇(24)、アルファロメオ・フェラーリ – 4
17. 角田裕毅(22)、アルファタウリ・ホンダ RB PT-3
18. ケビン・マグヌッセン (20)、ハース・フェラーリ – 3
19. リアム・ローソン(40)、アルファタウリ・ホンダ RB BT-2
20. ローガン・サージェント (2)、ウィリアムズ・メルセデス – 0
21. ニック・デ・フリース (21)、アルファタウリ・ホンダ RBBT – 0
22. ダニエル・リカルド (3)、アルファタウリ・ホンダ RBBT – 0

日本グランプリのテレビ・生放送スケジュール

常に東部

木曜日
午後10時25分~午後11時30分:
フリープラクティス 1 (ESPN2、F1 TV プロ)

金曜日
午前 1 時 55 分~午前 3 時: フリープラクティス 2 (ESPN2、F1 TV プロ)
午後10時25分~午後11時30分: フリープラクティス 3 (ESPN2、F1 TV プロ)

土曜日
午前 1 時 55 分から午前 4 時: 予選 (ESPN2、F1 TV プロ)
午後 11 時 30 分~午前 12 時 55 分 (日曜日): レース前ショー (ESPN)

日曜日
午前 1 時から 3 時: 日本グランプリ(ESPN、F1 TV Pro)

日本グランプリのスターティンググリッド

  1. マックス・フェルスタッペン (1)、レッドブル・ホンダ RB PT

  2. オスカー・ピアストリ (81)、マクラーレン・メルセデス

  3. ランド・ノリス (4)、マクラーレン・メルセデス

  4. シャルル・ルクレール(16歳)、フェラーリ

  5. セルジオ・ペレス (11)、レッドブル・ホンダ RBPT

  6. カルロス・サインツ(55)、フェラーリ

  7. ルイス・ハミルトン(44)、メルセデス

  8. ジョージ・ラッセル(63)、メルセデス

  9. 角田裕毅(22)、アルファタウリ・ホンダRBBT

  10. フェルナンド・アロンソ (14)、アストンマーティン・メルセデス

  11. リアム・ローソン(40)、アルファタウリ・ホンダRBBT

  12. ピエール・ガスリー (10 年)、アルピーヌ・ルノー

  13. アレクサンダー・アルボン(23歳)、ウィリアムズ・メルセデス

  14. エステバン・オコン(31)、アルペン・リノ

  15. ケビン・マグヌッセン(20)、ハース・フェラーリ

  16. バルテリ・ボッタス(77)、アルファロメオ・フェラーリ

  17. ランス・ストロール (18)、アストンマーティン・メルセデス

  18. ニコ・ヒュルケンベルグ(27)、ハース・フェラーリ

  19. 朱冠宇(24歳)、アルファロメオ・フェラーリ

  20. ローガン・サージェント (2)、ウィリアムズ・メルセデス

日本グランプリサーキット、周回数、タイヤコンパウンド

回路: 三重県鈴鹿国際レースウェイ(3,608マイル、18ターン、常設施設)
レースの長さ: 191.05マイルを53周
ラップレコード: 1:30.983 (ルイス・ハミルトン、2019)
タイヤコンパウンド: C1(ハード)、C2(ミディアム)、C3(ソフト)
2022 年の優勝者: マックス・フェルスタッペン、レッドブル-RBPT

日本グランプリに向けた最高のドライバーと最高の賭け

フェルスタッペンが再び優勝候補に浮上、 BetMGMによると。 オッズメーカーたちは、先週末のシンガポールでの彼の連勝記録が10レースで止まったことや、マリーナベイでのレッドブルのパフォーマンス低下の背後にある新たな技術的指令をめぐる憶測にも明らかに動じていない。 次にセルジオ・ペレスのオッズは 11 対 1 です。

最高の勝利オッズ
マックス・フェルスタッペン -350
セルジオ・ペレス +1100
ランド・ノリス +1400

READ  日本オリンピックバスケットボールチームの元イオラニスター、ヒュー・ホーグランド

Yahoo Sportsのニック・ブロンバーグは週の初めに、マクラーレンがポイント獲得(-250)、先週の勝者カルロス・サインツがトップ6フィニッシュ(-225)、ルイス・ハミルトンがトップ6入り(-225)など、鈴鹿への賭けのいくつかについて書いた。 2 年連続の表彰台獲得 (+175)。

F1 F1 - 日本グランプリ - 鈴鹿サーキット、鈴鹿市、2022年10月9日 レッドブルのドライバー、マックス・フェルスタッペンがチームとともにレース勝利とチャンピオンシップを祝う ロイター/キム・ギョンフン

マックス・フェルスタッペンは昨年の日本グランプリで2年連続の世界ドライバーズチャンピオンシップを獲得した。 (ロイター/キム・ギョンフン)

日本グランプリエントリーリスト

マックス・フェルスタッペン (1)、レッドブル・ホンダ RB PT
セルジオ・ペレス (11)、レッドブル・ホンダ RBPT
シャルル・ルクレール(16歳)、フェラーリ
カルロス・サインツ(55)、フェラーリ
ルイス・ハミルトン(44)、メルセデス
ジョージ・ラッセル(63)、メルセデス
ピエール・ガスリー (10 年)、アルピーヌ・ルノー
エステバン・オコン(31)、アルペン・リノ
ランド・ノリス (4)、マクラーレン・メルセデス
オスカー・ピアストリ (81)、マクラーレン・メルセデス
朱冠宇(24歳)、アルファロメオ・フェラーリ
バルテリ・ボッタス(77)、アルファロメオ・フェラーリ
フェルナンド・アロンソ (14)、アストンマーティン・メルセデス
ランス・ストロール (18)、アストンマーティン・メルセデス
ケビン・マグヌッセン(20)、ハース・フェラーリ
ニコ・ヒュルケンベルグ(27)、ハース・フェラーリ
リアム・ローソン(40)、アルファタウリ・ホンダRBBT
角田裕毅(22)、アルファタウリ・ホンダRBBT
ローガン・サージェント (2)、ウィリアムズ・メルセデス
アレクサンダー・アルボン(23歳)、ウィリアムズ・メルセデス

日本グランプリの天気

期待が呼びかけています 降水確率52% 金曜日のプラクティスセッションはドライコンディション、土曜日の予選と日曜日のレースは曇りの天気となる。 チームが予選シミュレーションを実行し、長期的なデータを収集しているFP2が雨で中止になった場合、混合グリッドに直面する可能性がある。 それ以外の場合は、おそらくレッドブル、フェラーリ、メルセデス、マクラーレンの順でトップになると予想されます。