Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

Global Call Against Poverty連合が経済危機の中、日本の戦闘機開発への野望を支援

Global Call Against Poverty連合が経済危機の中、日本の戦闘機開発への野望を支援

世界航空戦闘計画(GCAP)から誕生し、最近正式に設立された政府間組織は、経済的困難の中で日本に戦闘機群を近代化するライフラインを提供する予定である。

GlobalDataの洞察によると、英国とイタリアとの共同作業は、日本の航空宇宙能力を強化しながら開発コストを削減することを目的としている。

英国、イタリア、日本は、世界戦闘航空計画(GCAP)を通じて新型戦闘機を開発することに共同で合意した。 この国際同盟は戦略的パートナーシップを構成するだけでなく、為替変動によって悪化する経済的混乱に直面している日本に金融の出口も提供する。

GCAPは、2035年までに輸出・配備可能な航空機を生産することを目指している。英国とイタリアがGCAPで日本と提携する動機は、開発資金のギャップを埋めることである。 グローバルデータによると、日本のGCAP参加により、航空機の生産数と技術の洗練度が向上したという。日本の防衛市場 2023-2028” レポート。

GlobalData の最新レポート 「固定翼軍用機の市場規模とセクター別の傾向分析、プログラム、競争環境、および 2033 年までの予測」 このコラボレーションの有益なダイナミクスを強調し、共有された専門知識とテクノロジーが開発コストの削減に貢献することを強調しています。

今後10年間で航空機購入に約1,040億ドルを支出すると予想される日本にとって、特に予算の74%が戦闘機に割り当てられていることを考慮すると、この同盟は役割を果たす態勢が整っている。

GlobalData を利用して、市場で最も包括的な企業プロフィールにアクセスします。 検索にかかる時間を節約できます。 競争上の優位性を獲得します。

会社概要 – 無料サンプル

ダウンロードメールが間もなく届きます

私たちは会社概要の独自の品質に自信を持っています。 ただし、お客様のビジネスにとって最も有益な決定を行っていただきたいため、以下のフォームを送信してダウンロードできる無料のサンプルを提供しています。

グローバルデータによる

グローバルデータの航空・防衛アナリスト、ハーシュ・デシュムク氏は、日本にとってこの発展の重要性を強調し、次のように述べています。 三菱重工業は、老朽化し​​たF-2戦闘機に代わる次世代戦闘機の迅速な生産にシームレスに移行できるようになります。

これは、インド太平洋地域における中国の支配力が高まる中、近年日本の自衛隊装備の近代化を図っている日本にとって特に不可欠である。

軍事技術の供給源を多様化しようとする日本の努力は、すでに運用されているF-35航空機を超えて航空資産を拡大したいという野心に明らかである。 中国がJ-20とJ-35を使用して第5世代戦闘機の能力を開発している一方で、日本は貧困に対する世界的呼びかけなどの協力イニシアチブに参加することで、この地域的な対立のバランスをとろうとしている。 目標は、潜在的な地政学的課題に対処するために技術的な同等性を維持することです。

デシュムク氏は、貧困に対する世界的行動呼びかけへの日本の参加は、経済的課題に対処する日本の戦略と一致していると強調した。 「したがって、日本にとっては、予期せぬ侵略に対抗するために、地域の主要ライバルとの関連性と技術的同等性を確実に維持することが不可欠である。

これは、進行中の通貨切り下げ危機の中で財務省に過度の圧力をかけない、世界貧困アピールなどの共同開発努力に参加することで達成できます。



READ  ソニーは、PCおよびPS5用のInZoneゲーミングモニターおよびヘッドフォンを発表しました