Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

Global Markets – 投資家がFRBによる引き締めの長期化に注目し、米国株式は赤字に転じた

*

供給が逼迫する中、原油価格は約2%上昇した

*

国債利回りは数年ぶりの高水準

*

1ドル=150円を割り込む

(午後取引の価格更新)

スティーブン コルブ脚本の作品

[ニューヨーク 23日 ロイター] – 米連邦準備制度理事会(FRB)がタカ派的な政策スタンスを以前の予想よりも長く維持する見通しに対し、投資家は概して明るい決算を重視したことから、木曜日の米国株は下落し、米国債利回りは引き続き上昇した。

フィラデルフィア連邦準備制度理事会のパトリック・ハーカー総裁が中央銀行が「しばらくの間金利を上げ続ける」と発言した後、米国の3つの主要な株価指数はすべて以前の上昇を逆転させ、マイナスの領域に沈みました. ハーカー氏のコメントは、10年物国債利回りを14年ぶりの高水準に押し上げた。

カーソン・グループのチーフ・マーケット・ストラテジスト、ライアン・デトリック氏(オマハ)は、「10月はこれまでのところ大きな変化が見られたので、今日の動きは軌道に乗っている」と述べた。 「ハーパーのコメントは、FRBが継続的な積極的な政策と将来の(金利)上昇においてすべてに関与していることをさらに確認した.

CME の FedWatch ツールによると、金融市場は、連邦準備制度理事会が来月会合を開催する際に、さらに 75 ベーシス ポイントの利上げを行うことを完全に織り込んでいます。

一連の四半期ごとの企業業績と経済指標は、景気減速の証拠を示しましたが、失業保険申請の減少は、FRB の積極的な利上げキャンペーンがタイトな米国の労働市場にほとんど影響を与えなかったことを示しています。

全体として、収益はプラスである」とディートリック氏は述べ、これまでの報告シーズンは「おそらく景気後退ではなく、経済はまだ前進していることを示しており、私たちが望むように少し減速している」と付け加えた.

ダウ工業株平均は 79.77 ポイント (0.26%) 下落して 30,344.04 になり、スタンダード アンド プアーズは 28.97 ポイント (0.78%) 下落して 3,666.19 となり、ナスダック総合は 70.24 ポイント (0.66%) 下落して 10,610.27 となった。

英国のリズ・トラス首相が来週辞任すると発表した後、ヨーロッパの株式は値を上げて取引を終えた。

STOXX 600 汎欧州指数は 0.26% 上昇し、MSCI ワールドワイド株式指数は 0.55% 下落しました。

新興市場株は0.23%下落した。 MSCI の日本以外のアジア太平洋株の最も広い指数は 0.63% 安で取引を終え、日本の日経は 0.92% 下落した。

連邦準備制度理事会(FRB)がインフレ抑制のための積極的なキャンペーンを緩和する可能性が低いことを経済データが確認した後、ベンチマーク国債利回りは再び上昇しました。

ベンチマークの 10 年債 18/32 は、水曜日遅くに 4.129% から 4.2051% に下落しました。

30年債利回りは、水曜日遅くに4.127%から4.2029%に36/32低下した。

ポンドが上昇したため、米ドルは基本的に外貨バスケットに対して横ばいでしたが、市場参加者は日本の円への介入に警戒しており、1990 年 8 月以来初めて 150 ドルの水準を一時的に超えました。

ドル指数は 0.02% 下落し、ユーロは 0.13% 上昇して 0.9784 ドルになりました。

日本円は 0.10% 下落して 1 ドル 150.05 ドルとなり、英国ポンドはこの日 0.13% 上昇して 1.1229 ドルで取引されました。

原油価格は、供給不足の兆候と、中国がコロナウイルスの制限を緩和する動きのニュースの中で上昇しました。

米国の原油は 0.5% 上昇して 1 バレル 85.98 ドルで決済されましたが、ブレント原油は 1 バレル 92.38 ドルで決済され、その日は 0.3% 下落しました。

ドルの弱さは、金がトークンの利益を上げるのに役立ちました。

金スポットは0.1%上昇し、オンスあたり1,630.13ドルになりました。

(Stephen Kolb による報告、ロンドンの Hugh Jones による追加報告、Kirsten Donovan および Lisa Shumaker による編集)

READ  最高の地元ミシガン料理: グランド ヘブンにあるラッキー スシ カフェでは、手作りの寿司と和風前菜を提供しています。