Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

IHIは米国の小型モジュール炉プロジェクトでNuScaleとチームを組んでいます

東京-日本のエンジニアリング会社IHIは、米国のスタートアップNuScale Powerが主導するプロジェクトに出資し、従来の原子炉よりも安価で安全なモジュール式原子炉の新興分野に参入することを日経は学びました。

NuScale Power は、米国アイダホ州に約 7 基の小型原子炉で構成される 600 ~ 700 メガワットの原子力発電所を建設しており、早ければ 2029 年に商業運転を開始する予定です。各ユニットの生産能力は約 77 メガワットです。

IHIは、他のコンポーネントに加えて、炉心を囲むための格納構造を開発します。 来月、NuScaleに20億円(1840万ドル)相当の投資を行い、40億円に拡大する可能性がある。

日本のアソシエイトエンジニアリング会社である日嶋ホールディングスもNuScaleの株式を取得しました。 世界中で炭素排出量の削減が推進される中、原子力エネルギーに関する最先端の知識を得るために、より多くの日本企業が国際的なパートナーシップを模索しています。

小型モジュール炉は完全に水に沈められています。 これは、地震やその他のイベントによってプラントのアクティブな冷却システムが損傷した場合でも、周囲の池が蒸発する前にコアが冷却されるまでに約1か月かかるため、崩壊する可能性が低くなります。

NuScaleは、コンポーネントの多くが現場ではなくプラントで構築されるため、プラントのコストは従来のプラントの構築コストの約半分になると予想しています。 モジュール式の設計は、プラント容量を簡単に変更できることも意味します。

通常、従来の原子炉は、それぞれ1,000メガワット以上を生成することができます。 しかし、容量が大きいということは、2011年に日本の福島第一原子力発電所が崩壊したなどの危機での損害の可能性が高くなることや、安全対策のコストが高くなることも意味します。

IHIは60年近く原子炉用の部品を製造しており、沸騰水型原子炉で使用される圧力容器でトップの市場シェアを持っています。 しかし、福島第一原発事故を受けて、新しいBWRを開発し、既存のBWRを再開する取り組みは中止されました。

しかし、多くの国が再生可能エネルギーだけでエネルギー需要を満たすことができないことを考えると、脱炭素化の世界的な推進により、原子力への新たな関心が生まれています。 エンジニアリング会社は、特に大規模な原子炉のより安全で安価な代替品として、小型のモジュール式原子炉を開発しています。

READ  日本を拠点とする日精樹脂工業は、米国本社をサンアントニオの南東側に移転しました。