Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

[JAPAN SPORTS NOTEBOOK] 影山優真が四大陸制覇

[JAPAN SPORTS NOTEBOOK] 影山優真が四大陸制覇

SportsLook で全文を読む – [JAPAN SPORTS NOTEBOOK] 影山優真が四大陸制覇

2022年北京オリンピック銀メダリストの鍵山優真が、2月3日土曜日の夜、上海で開催された2024年最初のフィギュアスケート大会である四大陸選手権で優勝した。

梶山は男子ショートプログラム後に大きく進歩し、土曜日のフリーでも優勝し、307.58点で首位に立った。

同じ日本人の佐藤駿選手は、ショートプログラム(99.20点)で2位に終わり、フリーでも3位となり、総合274.59点で2位を維持した。 韓国 チャ・ジュンファン 272.95点で銅メダルを獲得した。

四大陸
佐藤 俊(弓道)

両方のプログラムで4位の山本草太は、263.43点でその夜初めてメダルを獲得できなかった。 中国 ブヤン・ジン (256.89) が上海東方スポーツセンターでトップ 5 に入った。

20歳の梶山にとって、2023-24年のグランプリシーズンは全体的に堅実な取り組みとなった。 2023年11月初旬のフランスGPで3位となり、11月下旬に大阪府門真市で開催されたNHK杯で優勝、12月に北京で開催されたグランプリファイナルでは3位となった。

広告


福島の安全と高山処理水の放流

さらに影山は12月下旬の全日本選手権で準優勝した。

四大陸
四大陸男子フリースタイルスキーの影山優馬。 (共同)

フリーで好調な滑り出しが鍵山を四大陸優勝へ導く

影山にとって土曜日の夜、見事な冒頭4回転シュートは吉兆となった。

演技は完璧ではなかったが、鍵山のフリースケート全体の落ち着きは選手としての成熟の表れだった。

さらに、スケーターとしての彼のオールラウンドなスキルはイベント全体を通して発揮されました。 例えば、フリースケートの四大陸プログラム(技術)では93.48点を獲得し、これは北京オリンピックのフリースケートでの自己最高記録93.94点に次ぐ2位となった。

「今日のフリースケートでは、4回転宙返りをきれいに着氷できなかったものの、リカバリーして残りのジャンプをすべて着氷することができた」とOlympic.comによると、梶山は語った。 「私はそれについてとても満足していますし、それは私に大きな平安を与えてくれます。」

四大陸
四大陸男子チャンピオン 影山優馬選手(弓道)

さらに、「今回はいいパフォーマンスができましたが、まだ次の世界選手権があるので、そこでいいパフォーマンスができるようにこれからも頑張っていきたいと思います」と語った。

2024年世界フィギュアスケート選手権は3月18日から24日までカナダのモントリオールで開催される。

広告


福島の安全と高山処理水の放流

三浦、木原が四大陸で銀ペア獲得

土曜日に行われた四大陸ダブルストーナメントで、世界チャンピオンの日本の三浦玲子選手と木原龍一選手が準優勝した。

木曜日のショートプログラム終了後、カナダ人のダイアナ・ステラト・デュデックとマキシム・デシャンが日本のコンビに4点近くの差を付け、198.80点で首位に立った。

フリーではカナダ人コンビが129.32対125.16で三浦と木原を上回った。

三浦と木原は190.77点で終了した。

アメリカのイーライ・カムとダニー・オシェアが銅メダル(187.28点)を獲得した。

関連している:

SportsLook で、サッカー、野球などのニュースを含む全文を読み続けてください。

著者: エド・オデビン

広告


福島の安全と高山処理水の放流

エドを探す ジャパンフォワードカスタムウェブサイト、 スポーティな外観 彼についていく [Japan Sports Notebook] 日曜日に、 [Odds and Evens] 平日とX(旧Twitter) @ed_oven

READ  2022年日本グランプリ開始時間 | F1 TV のスケジュールと報道