Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

岸田総理の日ブラジルビジネスフォーラム出席(概要)(外交関係)

岸田総理の日ブラジルビジネスフォーラム出席(概要)(外交関係)

[Provisional translation]

5月4日午後5時45分(現地時間、日本時間5日午前5時45分)から約30分間、ブラジル・サンパウロを訪問中の岸田文雄内閣総理大臣が出席しました。日本とブラジルの経済団体が主催する「日伯ビジネスフォーラム」。 概要は以下の通りです。

このフォーラムには、ブラジル連邦共和国副大統領兼開発・産業・貿易・サービス大臣のジェラルド・アルクミン閣下をはじめとする政府関係者、日本とブラジルのビジネスセクターの代表も出席しました。 日本貿易振興機構(ジェトロ)理事長 石黒憲彦氏、日本経済団体連合会(経団連)副会長 安永龍雄氏、サン州産業連盟会長 ホセ・ゴメス・ダ・シルバ氏パウロ氏(FIESP)および国家産業連盟(CNI)の副会長、ブラジル輸出促進庁のビジネスディレクターであるアナ・パウラ・レペザ女史がフォーラムで発言した。 続いて、覚書の締結発表と写真撮影のセレモニーが行われた。

1 岸田総理から、開会の挨拶において、ブラジルは豊かな資源を有しており、「日ブラジル・グリーン・パートナーシップ・イニシアチブ」のもと、日伯の官民が協力して両国間の協力を強化していきたい旨述べました。食品の。 エネルギーや鉱物資源など、経済分野における二国間協力には大きな可能性がある。 さらに、日本はデジタル分野やグリーン分野を含む様々な分野で貿易・投資関係をさらに強化する用意があり、ブラジルにおける日本の新興企業への支援も強化すると述べた。 岸田首相はまた、日ブラジル首脳会談の成果を紹介し、ルラ大統領とブラジルの高いバイオ燃料と電子燃料の可能性を組み合わせてカーボンニュートラルの達成を目指す新たな国際枠組みISFMを立ち上げることで合意した。 ハイブリッドエンジンなど日本製の高性能モビリティ装備を搭載。

2 岸田総理の発言後、アルクメネ副大統領から、日伯間の長い歴史や日系人の重要性に触れ、日本からの更なる投資への期待を表明し、日伯間のコミュニケーションの重要性を強調しました。二人の民族。 人を交換します。

READ  景気後退リスクが高まる中、日本経済は縮小傾向にある